電子契約データの保管義務期間は何年?

電子契約データの保管義務期間は何年?

ビジネスのさまざまな場面で作成される書類は、複数の法律で一定期間の保管義務が定められています。
これは電子契約データにおいても同様で、「電子計算機を使用して作成する国税関係帳簿書類の保存方法等の特例に関する法律(電子帳簿保存法)」とよばれる法律と、これに基づいて出される財務省令(施行規則)に規定があります。
電子契約データの保管義務期間は紙の契約書の場合と同じで、原則として7年間、一部のケースでは10年間です。
電子帳簿保存法およびその施行規則によると、電子契約の取引情報に関係する電磁的記録は、国税に関する法律の規定にしたがって、所定の方法で決められた期間保管することとされています。
ここでいう法律は、所得税法と法人税法の事を指しており、期間についてもこれらの法律の規定が準用されます。
所得税法と法人税法では、契約に関係する書類は原則7年間、欠損金の繰越控除を適用する場合は10年間保管しなければならないと定められており、電子契約データもこれに従います。

電子契約の業者を選ぶときに大切なポイント

契約する際の事務が効率化され印紙税も不要になるという様々な魅力のある電子契約サービスを選ぶときには、どのようにすれば良いかと迷う人もいるのではないでしょうか。
様々な電子契約のサービスを提供している業者がありますが、それらの中から利用するサービスを選ぶときには安全性を考えることが大切です。
大切な契約をweb上でおこなうためには信頼できる業者を選ぶようにする必要があります。
電子契約システムを利用するには、契約書のデータの管理をサービスを提供している会社に任せることになります。
しかし実際にどのような管理体制となっているかは、外部からはうかがい知ることが出来ず分かりません。
また場合によっては、電子契約システムを提供している会社が急に倒産したりサービスを停止する可能性もゼロではありません。
そのようなことから万が一のことが起こった時にどのようになるかを考えておくほか、安心して依頼出来るサービスを利用することをおすすめします。

電子契約に関する情報サイト
電子契約サービスの魅力

当サイトは印鑑不要で業務効率化になる、電子契約導入のメリットや適切な保管管理方法をご紹介しています。これから利用することを検討しているけれど、不明なことも多いのであればぜひ目を通して参考にしてみてください。電子データで署名やサインをするシステムを利用する際には収入印紙は必要なのか、という疑問にもお答えしているサイトです。また電子データでの契約の保管義務期間は何年なのかという気になる疑問も解説しています。

Search